ゴルフ場 マツの事例(三重県)

0

三重県 Kゴルフ場様

ゴルフコース内のマツが松くい虫で枯れ続けていると思われる環境にて,

K568Pの施工実験を行った。(*K568=活力さん)

図1平成18年5月

(左)K568を樹幹埋設した

(右)
何も対処を行わなかった

図2平成18年9月

(左)順調に育っている

(右)
右の松は、すぐに枯れ始める

図4平成21年12月

(左)3年後、 K568を施工した左の松だけは大きく育った(枯れた未施工の右の松は撤去)

 このゴルフ場では、マツ枯れ防除をしていたにもかかわらず、 木が枯れ続け、切り株跡が多い状態でもあった。  K568Pを施工したアカマツ、クロマツを含め240本を、 守り、育て、美しいコースに整えた。

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です