K568開発経緯と特徴 樹幹埋設による安全な樹勢回復 (2)

0

「樹木内のモリブデンの必要量の欠乏改善にむけて」

弊社が開発したのが、独自のモリブデン供給方法、「樹幹埋設」という方法による「K568P」です。

【樹幹埋設の利点】

○樹木の大きさに見合う量、土壌にまく10分の1のモリブデン量で済む。

(●樹木は野菜と違い、個別体積が大きいため、見合う量のモリブデンを土壌にまくと土壌汚染の原因となる。)

○成分が樹液にのって樹幹内を循環。根と土のやりとりでもアミノ酸、栄養が生産され微生物にも良い効果をもたらす。

【使用法・施工量】

○インパクトドライバにビットをつけて、穴をあけて差し込む

K568_anak568umekomi

○幹まわり 30cmに1個施工

○3〜5年に一回の施工で可

(周りに弱っている木が多い場合、樹液が多いのに樹勢が弱い場合は1年で10cm間隔)

 

「K568Pの樹幹埋設のメリット」

☆樹幹に埋設することによる土壌環境安全性

☆液体の樹幹注入に比べ施工時間がはるかに短い

☆施工方法が簡単安全である

☆固形体ペレット(成型製造、カーボン含む)のため、生体電流が止まらず治癒が促進、施工後は、接ぎ木のような復帰をする。

☆3〜5年に一回施工というロングサイクル

☆国土交通省NETISに登録。試験施工も含め公共工事にも提案可能。

282_4

 

K568P 施工実験 ゴルフ場事例

三重県 Kゴルフ場 http://www.jumoku.jp/golf_1.html

香川県 丸亀パブリックゴルフ場 http://www.jumoku.jp/marugame_p.html

************************************

沖縄県 特約代理店

宜野湾造園土木(株)様 K568P 施工事例 ブログ 

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください