日常の管理・毎年の管理・メンテナンスに

庭木・苗木を植えかえる

花が咲きにくくなった(中・低木)

花が咲きにくくなった(高木)








  日常の管理・毎年の管理・メンテナンスに




 土をゆたかに



庭木の主食
「元気くん」



成分:木の主食、ご飯にあたる チッ素、リン酸、カリ+根付きをしっかりする可溶性ケイ酸



使い方:

木の根元周囲に「元気くん」をおく、または、埋める。水溶性袋入りなので、袋は、自然に溶けます。

根元の土にこのまま埋めていただけます。

幹回り10cmごとに「元気くん」1袋40gの目安/年に一回程度








ツツジ   

「元気くん」を根本に3個 ポンと置く

・木の勢いが増し、花の数も少しずつふえ、満開に。大きな花が咲くようになりました。

 
2011.05
   
2014.05


ヤマボウシ 

「元気くん」を根本に2個 ポンと置く

・葉の茂りが昨年よりふえました。




     




 庭木・苗木を植えかえる



オリーブ苗の植えつけ 

「元気くん」を植えつけ時に1個 ポンと根の下方に置いて、

苗と一緒に埋める

・しっかり根付き、たくさん花と実がついています。



<植えつけ時 2012.3>

 
<2016.7 現在>
   




 花が咲きにくくなった(中・低木)



 栄養補給を

庭木にビタミン:
「庭木用 美育さん」



成分:木に最適なミネラル7種 

Si,Mg,Mn,Mo,Fe,Zn,B

ケイ酸、マグネシウム、マンガン、モリブデン、鉄、亜鉛、ホウ素



使い方:

木の根元周囲に水で溶いた「美育さん」をまく、または、置く・埋める。

水溶性袋入りなので、袋は、自然に溶けます。

根元の回りの土に、このまま埋めてもご使用いただけます。

「美育さん」1袋40gをバケツ一杯の水でといて、または、根元近辺に置く・埋めて/年に一回程度











くちなし、バラ、松、芝桜 

「美育さん」を水に溶かして根元にまく



・施工後は、花がたくさん咲き、樹勢も回復しました


   
   
   
   


   
                             

 花が咲きにくくなった(高木)

木に本来の力を!

庭木の代謝を活性化して現代の厳しい自然環境に立ち向かうために。



力強く元気な木に!「活力さん」


成分:酸性雨などの影響で、欠乏しがちなモリブデンを補給



使い方:

・樹幹埋設(幹回り30cmに1本、10cm増すごとに1本追加)

・鉢植え木には、直接鉢土に挿す)

樹液に溶けだし効果は持続。3~5年に一回の施工。(不調の際は、1回/年)



   
   


梅、ホウオウボク



・梅ーーー枝葉花がしっかり茂り始めました


   
・ホウオウボクーーー 10年ぶりに花がつきました。


   
各製品詳細は、ご家庭の庭木向け「森ぶ源シリーズ」ページをご参考ください。




庭木の達人ワンポイント



感染を防ぐためにも、根の養生に大変注意しています

深植えにならないように注意しましょう

不良な成分の土、未完熟料の使用は感染の原因になります

土と移植の土との酸度や種類を合わせるといいでしょう

土の酸度をしらべるために土壌酸計を使います

酸性を好む木には、鹿沼土やピートモスなど、

 中性・アルカリ性には、石灰などで土の酸度を調整します。