松の多芽病

0

多芽病とは・・・

多数の冬芽が密集してこぶのように形成される

クロマツやアカマツ、リュウキュウマツなどにみられる。

1.2013.2.9~2014.05.16 丸亀市内 神社境内

・原因は、ダニ、ウイルスなど説はいろいろ考えられる

・樹勢の弱い木に発生しやすい。

・ホルモンのバランスが悪いことも考えられる

・通常の対処法としては、芽をとりのぞくことがあげられるが

今回は、分析の結果をもとに、亜鉛、マンガンなどを適宜施工。

欠乏元素を補うことで、樹勢回復を目指した

2013/02/0920130209

2013/03/13

20130313

2013/05/03

20130503

2013/10/08

201311231

2014/02/16

20140216

2014/04/13

20140413

2014/05/16

20140516

 
 

Follow me!

0

松の多芽病” に対して1件のコメントがあります。

  1. 吉井成明 より:
    0

    写真のような冬芽のコブが松全体にできてしまいました。今年初めてです。数があまりにも多く取り切れません。どのようにしたら良いのかご教示ください。

    0
    1. ゴロハチ より:
      0

      コメント拝見しました。弊社パートナー浜口緑研究所 浜口氏に問い合わせ中です。少しお時間ください。

      0
    2. ゴロハチ より:
      0

      吉井様
       サビ菌の感染が考えられますので、応急処置として、コメントいたします。
       1、周辺環境をよくする。
         周りに蔓性の植物など植物が茂っているようでしたら、
         風とうしをよくしてあげてください。菌の感染が拡大するようです。
       2.3%のホウ酸を根本、木の幹に与えてください。
         (葉に直接は葉焼けしますから、おすすめしません。)
         1回の処理で菌の成長はとまると思われます。
       3.コブの部分は、それ以上大きくなるものでないと思われますが、
         感染の原因にもなりますから、できる限り取り除かれるとよいかと
         思います。(取り除いた分は破棄、または焼却)
         ホウ素を与えた後の様子次第で、ミネラル成分の補給が必要になるかと思います。
                    浜口緑研究所 浜口

      ご質問など、こちらのコメント欄、または、info@jumoku.jp
      faxなどでも、またご連絡いただければと思います。
          

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください