環境ストレスなどにより、木が枯れのメカニズムに入った際、葉や枝に生成されるアルデヒドを検知する「木のかんたん検知液A」の販売をスタートいたします。(R5.11月より)

アルデヒドを検知することで、細胞障害を判断して、木の枯れ判断の目安のひとつにお役立てください

・樹液の中に出るアセトアルデヒドに反応して、調べるためにカットした木の枝先が赤く色がでます

・お施主様への木の状態説明に

樹木内のアセトアルデヒド検知液です。

使用目的:アルデヒド検出

成分:フクシン0.1%含有

1袋 (4ml)990円(税込)

<使い方>

1.調べたい木の枝の切断面、裂き面、あるいは、幹の切断面の樹液が通るところなら、どこでも、その樹液に検知液を直接1,2滴つける。

2.検知液Aを塗った2分以内に赤色変化があるか否かで判定する。

*枝の切断後は、すぐに調べてください。

(切断したまま、時間が経過すると枯れに向かいます。)

切断面に試薬を塗って、すぐに赤色に反応する木や枝は危機的状態で、手を加えても助けることが難しいと考えています。

枝ごとに調べて、アセトアルデヒドの発生している枝の範囲をしらべ、対処を行うかどうか、どの枝を切断するかを検討する目安にします。

*特に夏場の枯れの判断に活用します。平均気温が20℃以上の時期に特にお使いください。

使用説明書はこちらです。

お気軽にお問い合わせください。000-000-0000受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ